3DCGモデリング

デジハリ初授業!CG概論と2Dグラフィックスの授業を受けて思ったこと

デジハリ初授業!CG概論と2Dグラフィックスの授業を受けて思ったこと

こんにちは、ルカです。

先週は初授業の週でとってもドキドキしていましたが、思った以上に授業は楽しく、「学びたいことを学びに学校に行くって楽しいなあ」としみじみ感じました。

金曜日にCG概論、土曜日に2Dグラフィックスの授業を受けてきたので、それぞれどんな感じだったかざっくり書いてみたいと思います。

CGの全体像を学ぶ「CG概論」

CG概論は、3回にわたって行われます。3DCGの授業ではモデリングやアニメーションなど具体的にどのようにやるのかなどツールの使い方を中心に進められますが、全体像を把握する意味でこのような授業もあります。

もともと登校しようと思っていたのですが、映像教材AnyのMayaを担当している先生がこの授業も担当されるとのことで、「直接授業を受けてみたい!」という思いもありわくわくして登校しました。

実際に参考となる動画を観たり、わかりやすい説明だったり、とても楽しい内容でした。

何より「CGについて勉強するのとっても楽しい」と感じ、勉強というより面白い話を聞いていたらあっという間に終わった感覚でした。

とはいえ覚えておくべきこともたくさんあるので、ノートにしっかりメモを取ることも忘れず。

教科書があり、事前に届いていたものを持参したのですが、その中から特に重要なものをピックアップして説明する感じだったので、大事なポイントがわかりやすかったです。

また、モデリングに関して自分で練習していてできないところがあったので、授業終わりに先生に聞きに行くと非常に丁寧に教えてくれました。

経験も知識もたくさんあるすごい人に直接質問できるっていうのはすごく贅沢な環境だと思うので、ただ講義を受けるだけじゃなくて、自分でも何か行動していかないとなと思っています。

Illustrator・Photoshopについて学ぶ「2Dグラフィックス」

土曜日には2Dグラフィックスの授業を受けました。

3DCGを担当する先生とは違う方が担当だったのですが、こちらの先生もとてもわかりやすい内容でスピード感も良かったです。

IllustratorについてはCGとそこまで関わりがないので、重要なところを押さえつつサッと終わり、Photoshopの方が中心の内容でした。

事前にAnyで教材を終わらせていたため基本的なツールは知っていましたが、まだあいまいなところもあり、授業を通してしっかりと復習することができました。

ただ、そのツールを使って何を作るかとなった時に、アイデアやセンスがなくて納得いくものを作れない自分にがっかり…

素敵なセンスを持っている人がたくさんいて「自分だめだな」と思ってすごく悔しい気持ちになりました。

でもそこで終わっては仕方ないので、復習として「授業の中でこうやって作れてたら満足だった」と思えるものを作ることに。

最後の課題がスノボの板を作るというものだったので、まずスノボの板のデザインとしてどんなものがあるのかをよく調べ、気に入ったものをPinterestに保存していきました。

そこで、自分に足りなかったのはたしかにアイデアやセンスもあるけど、そもそも参考資料(よくリファレンスと言われる)を集めていなかったことに気が付きました。

「リファレンスを集めるのが大事」と、いろいろ調べていてもよく目にします。

モデリングの練習の時も、ブログやYouTubeで「プロもリファレンスを見るし、ちゃんと見た方がいい」という意見をたくさん目にしていましたが、そのことをすっかり忘れていました。

先生も「アイデアが思い浮かばなかったら、どんなものがあるのか調べてみよう」と言っていたので、これからは迷ったらまず調べて資料を集めようと思います。

見ていると自分なりにこれがいいと感じるものが絶対あるので、それを集めて配色や配置を真似してみたりしながら、さらにフリー素材のサイトから素敵だと感じる画像を集めて組み合わせていきました。

そして授業の翌日復習としてできあがったのがこれ↓

果たしてこれがデザイン的に良いのかどうかはわからないけど、「もしあったら使ってみたい」と自分で思えるものにしよう、という目標は達成できました。また、この記事のアイキャッチ画像も、学んだことを活かして作ってみました。

悔しい気持ちが残りましたが、新しい学びがあった授業でもありました。

周りの人に刺激を受ける環境

デジハリに通い始めてまず思ったのは、周りの人に刺激を受ける環境が辛くもあり楽しくもあるということです。

辛いは言い過ぎかもしれないけど、やっぱり自分よりできる人や上手な人はいっぱいいて、その事実と向き合うことになります。

でも向き合わないと気付けないこともあるし、2Dグラフィックスの授業のようにその中でもがいて学ぶこともあって、それはすごく楽しくて面白いなと感じました。

また、いろいろなバックグラウンドを持っている人がいて話を聞くのが楽しかったりもします。

まだ周りの人とはそこまでいろいろ話せていませんが、素敵な作品を作っている人がいたら、何を考えているのか、どうやって作ったのかとか聞きたいし、学ぶことがたくさんあるだろうなと思ってとても楽しみです。

人よりすごいものを作りたいとは思わないけど、少なくとも自分の中で納得できるものを作ったり、評価されるものを作りたいという思いはあるので、刺激を受けてきついなと感じても粘って力をつけていきたいです。

初回授業からあれこれ書きましたが、総じて言うと「楽しい!」の一言です。

もっと楽しくて実の詰まった学校生活にできるかどうかは自分次第だと思うので、これからも頑張っていきたいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました^^

デジハリ・学校生活に関する記事はこちらから読めます↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA