3DCGモデリング

デジハリの映像教材で勉強しながらMayaノートを作ってみた

デジハリの映像教材で勉強しながらMayaノートを作ってみた

こんにちは、ルカです。

今週の土曜日が初授業日となる予定でしたが、台風が直撃するため休講との連絡が今日来ました。

楽しみにしていたので悲しいけど、こうやって事前に対応&お知らせしてくれるのはとてもありがたいです。

今回は、Mayaの勉強の進捗状況とデジハリの映像教材についてです。

「Any」というシステムで、いつでも好きな時間に好きなところから勉強できる映像教材がデジハリから提供されているのですが、これが非常にわかりやすくて助かっています。

このAnyを通して現時点で学んだことや、どうやって勉強を進めているのかについて書いてみたいと思います。

AnyでMaya講座を一通りやってみた

Anyで映像教材を見てみると、MayaをはじめPhotoshopやAfterEffectsなどさまざまな講座があります。

たくさんやることがありますが、どの講座もとてもわかりやすいので、サクサク進められる感じです。

その中で、2Dグラフィックスに関する講座と、Mayaの講座を一通り受講しました。

Mayaはチャプター1~6まであり、ボリュームがものすごいです…チャプターごとにモデリングやアニメーションなどと分かれています。

わたしの場合、「Maya講座は授業前に最低2周、できれば3周しておこう」と考えていました。

なぜかというと、デジハリ卒の森田悠揮さんが同じように勉強していたからです。

森田さんはとても有名なデジタルアーティストで、主にクリーチャーのデザインを行っている方です。

実は出身大学も年も同じということで勝手に親近感が湧いて、どのような方なんだろう、どういう風にデジハリで勉強したんだろうと見ているうち、以下のような内容を発見しました。

「学生時代はどのように勉強したか」という質問では、入学してからCGソフトであるMAYAの授業が開始されるまでの1ヶ月間に、動画教材を2周し、操作方法について頭に叩き込んだとのことでした。授業が始まったときには一通りの操作ができて、自身で制作を行える状態になっており、卒業制作までにいくつかある課題を区切りとして、必要なスキルを補っていく中で、自身の方向性を見つけていってたくさん制作を行なっていたそうです。

引用:CGWORLD 映像制作の仕事展とコラボレーション!『映像制作を仕事にする理由』森田悠揮氏が登壇

「やっぱりすごい人はそれだけの量をこなして努力しているものなんだな」と改めて認識したので、わたしはそれ以上かその何倍も手を動かさないと!と感じました。

最低でも2周、ただわたしは今までCGなどのクリエイティブな経験がないので、より一層頑張ろうということで3周はしてMayaの基礎を身に着けようと思っているわけです。

Maya講座1周目の進め方とMayaノート

Maya講座の1周目ではホームワークの部分は飛ばし、その他講義の部分を参考に自分で手を動かしたり、時にはノートにメモを取りながら進めていきました。

わたしの考えでは、1周目は「全体の内容と流れを把握すること」を目的として勉強しました。

モデリングやテクスチャ、アニメーションの部分はほぼ実際に手を動かしましたが、なじみがほとんどなかった後半はじっくり講座を見ながらノートを取っていたことが多かったように思います。

もともと文字で書き残すと頭に入りやすいことと、講座を担当している小倉先生が講座の中で最初に「Mayaノートを作るといいよ」と言っていたのもあり、新しく学んだことやメニューの場所などわたしなりにノートにメモしていきました。

講座を観ながら作ったMayaノート

Mayaノートと言ってもひたすらメモしていっただけなのですが、それでも後から見返したら「ここはこうだったな」と講座を見ながら復習できそうなので、作ってよかったなと思いました。

先生がどうやって操作をしているのか、ポイントは何なのかなどをノートに書いて頭に叩き込み、2周目では講座とノートを見ながら本格的に手を動かす感じで進めます。

作品作りの時に操作がおぼつかないと思うように進まないので、まずは最低限のこととして基本操作とその流れを覚えておき、授業は復習として受けるくらいにしたいです。

だいたい2週間くらいでMaya講座を1周終えたので、また2週間もしくはそれ以下の時間で全体を復習しながら今度はホームワークにも着手して、より手になじむようにしていこうという作戦です。

他にもSubstancePainterやZbrushなど使ってみたいソフトがいっぱいあるので時間がいくらあっても足りなそうですが、この1年間はやりきる!と決めたのである時間全部使ってがんばります!

まだまだ思い通りにいかない

モデリングはだいぶ慣れてきたと思ったのですが、「あれ作ってみよう!」と思って取り掛かっても、小さなところでつまずいて「これどうやるんだ…」と途方に暮れることがよくあります。

好きなものを好きなように作れるようになるレベルにはまだまだ遠いのかもしれないけど、そうなれたらきっと楽しいだろうなあと思うので、今は映像教材を観たりチュートリアルをこなしながら力をつけようと思います。

また進捗状況報告します^^

デジハリ・学校生活関連の記事はこちら↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA