プロフィール

数ある社会人向け3DCGスクールの中からデジハリを選んだわけ

数ある社会人向け3DCGスクールの中からデジハリを選んだわけ

こんにちは、ルカです。

この記事では、学校のことを少しお話しようと思います。

未経験から3DCGデザイナーを目指すことにした」で書いている通り、わたしは2020年9月からデジタルハリウッド(通称デジハリ)の本科CG/VFX専攻に入学する予定です。

今回社会人でCGを学ぶことのできる学校を探すにあたって、いろいろなところを調べ、比較してきました。

できるだけ早く仕事にしたい気持ちがあったり、お金のことを考えたり、学校選びはかなり悩みました。

そこで、個人的なお話にはなりますが、「未経験から3DCGデザイナーを目指したい!でも学校選びに迷ってるんだよね…」と考えている方の参考になればと思い、どういう流れで学校を探し、どのポイントに焦点を当てて学校選びをしたのか、書き留めておこうと思います。

わたしはデジハリを選びましたが、さまざまな条件を加味した上で、「自分にはどこが合いそうかな?」という視点で見ていただければ幸いです。

3DCGスクール選びで重要視したポイント

CGスクールを選ぶ時に「これは外せない!」と思ったポイントについて説明します。

学びたいことを学べるかどうか

まずは、当たり前のことかもしれませんが、学びたいことが学べるかどうかは要チェックです。

わたしの場合は、CGと一言で言ってもVRコンテンツとしてのCGにとても興味があり、VRやARなどの技術についても学べそうなところがいいなと思っていました。

詳しくはこちらの記事へ↓

AR/VRに関わる仕事がしたいと思った理由
AR/VRに関わる仕事がしたいと思った理由こんにちは、ルカです。 わたしはAR/VR/MRといったxR領域に関わりたくて、3DCGの勉強をしています。 今回は、どうし...

そのため、デジハリの他にVRアカデミーも候補に入れていました。

悩んだ末、モデリングやアニメーションなど映像的なところが深く学べるデジハリに決めましたが、自分の学びたいことがもしあるなら、それを基準に学校を選ぶことが必要です。

デジハリの中でも専科と本科があり、最初は専科を希望していたものの、VRに関連する内容が含まれている本科を選ぶことにしました。

勉強する環境について

学校に入る一番のメリットは、「環境」だと思っています。

先生やクラスメイトなどの人的な環境と、設備などの場所的な環境の2つです。

前者に関しては、わからないことがあればすぐに先生に聞くことができたり、クラスメイトと関わることでモチベーションが上がったりします。

後者は、充実していればしているほど勉強が捗ります。例えば、空いている教室で勉強できたり、カフェがあったり、3Dプリンターがあったり、図書館があったり。

これらの環境が充実していると感じたのが、デジハリでした。

オンラインで気軽に学べるのも良いのですが、わたしはせっかく学校に通うならいろんな人と話したり、場所を変えたりすることでより一層頑張れそうだと思ったため、このような環境を重視して選びました。

卒業生の進路について

その学校を卒業した人が、実際にどんな進路を歩んでいるのかもしっかり確認するようにしました。

例えば、わたしの場合はVR業界で働いている人がいるのかどうかを聞いたりしました。

また、進路の他にもどのような作品を作ることになるのか、卒業制作の仕上がりはどうかなども説明会で見せてもらうと良いと思います。(わたしは見せてもらってめちゃくちゃテンション上がりました…!)

どなたかがTwitterで書いていたと思うのですが、学校によって作るものの雰囲気が変わったりするみたいです。

フォトリアル(写真みたいにリアル)なものが多い、想像力や独創力を大事にした作品が多いなど、学校によって変わってくるのでぜひ確認してみてくださいね。

決まった期間・カリキュラムがある

これもとっても重要視しました!期間が決まっているかどうかです。

わたしがもう一つ通おうか迷ったのが、Alchemyです。こちらもとても良さそうで迷いました。

Alchemyでは、特に期間が決まっているわけではなく、自分で学習を進めていきます。月額制なので、途中でやめることもできます。

今回は早く仕事にしたいこともあり、期間がきっちり決まっている方がいいなと思ってデジハリを選びました。

このあたりは自分の生活や仕事の状況などを見て、無理なく進めるのがいいのか、それとも期間をきっちり決めていつまでに○○したいという目的があるのかで決めるといいと思います。

デジハリは馴染みがあり、一番ピンと来た

もう一つ、デジハリを選んだのは、馴染みがあったという理由もあります。

デジハリの名前を知っていたり、身近な人からデジハリについて聞いていたり、なんとなく馴染みがあって「通うならデジハリがいいかなあ」と一番ピンと来ていました。

わたしはこういうの結構大事だと思っていて、というのも悩み始めたらキリがないので、「縁があるところで決める」のも良いと考えています。

だから、もし迷ったら実際に見に行って「ここがいいな」と思うならサッと決めてしまうのがおすすめです。

学校選びに悩む時間はできるだけ少なくして(納得いくまで選ぶのは大事だけど長引かせすぎないってこと)、その分モデリングの練習をしたり、本来の目的のためにやれることをやるのがいいのかなと思います。

CGは独学できるのか?

そもそも、学校に通わずにCGを独学で習得することはできるのか?と疑問を持っている人もいるかと思います。

そういう方はぜひ以下の記事もあわせて読んでみてください↓

3DCGは独学できるのか真剣に考えた話
独学で3DCGデザイナーになれるのか真剣に考えた話こんにちは、ルカです。 3DCGデザイナーを目指そうと思った時、「3DCGデザイナーって独学でなれるものなのかな?」と考えていまし...

独学はコツコツ続けていけば仕事ができるレベルになるかもしれませんが、ソフトの問題があったり、覚えることが膨大だったりいろいろあるので、個人的には学校の方がいいと思ってます。

学校という環境自体がとても楽しみ

CGを学べるのも楽しみですが、学校という環境自体がすごく楽しみです!

現在28歳で、大学を出てから一度もこんな本格的な学校に通うことがなかったですし、本当に学びたいことを学びに学校に通うと思うとワクワクします。

学校選びについて、何かしら参考になれば嬉しく思います。

入学予定のコースはこちら↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA