3DCGモデリング

CGの勉強を始めて変わったこと

CGの勉強を始めて変わったこと

こんにちは、ルカです。

CGの勉強を始めてから、生活や意識が変わってきたことを実感するようになりました。

特にデジハリに入学して授業が始まった10月からは、その変化が顕著になってきたように思います。

(アイキャッチ画像は内容とは関係ありませんが、こんな車をこんな雰囲気でモデリングできたらおしゃれだなーと思ったものを、授業の復習も兼ねてPhotoshopでいろいろいじってみました)

見える風景が変わってきた

まず一つ目に感じた変化は、ものの見方が変わったということ。

景色でもものでも、歩いている時にも周りをよく見るようになったり、目に留まるものがあればじっと見て形状を確認したり、「どうしてこういう形をしているんだろう」などと考えるようになりました。

これはCG概論の授業の影響が大きいです。

「本質がわかっていないとリアリティーは出ない」という先生の言葉が印象に残っていて、日常生活の中で考えるクセをつけようと思い意識し始めました。

また、わたしは以前写真を撮ることにあまり興味がなかったのですが、作品の参考になりそうな景色や構図はないかなと探すうち、だんだんとそういったものに出会うようになってきました。

芸人さんは面白い出来事に遭遇することが多いと聞きますが、これに似ているのかなと思います。

探す意識が高まることによって、今まで周りにあったものに気が付けるようになってきたのかなと感じました。

これがすごく楽しくて、街を歩いていると「あれいいな」と思う場面やものに出会ってパシャリと写真を撮るなど、生活の中で楽しみが増えました。

CGの勉強と言えばまずはツールを使いこなせることと思っていましたが、それだけではなく、普段の生活の中からでも勉強できることはたくさんあるんだと知り、それがとても新鮮で面白く感じています。

映像作品を「なんとなく」観なくなった

二つ目は、映像作品を観るときの意識が変わったことです。

今までもNetflixやAmazonPrime、Hulu、Abemaなどでアニメ・海外ドラマ・映画を見ていましたが、なんとなく見るのではなくて「どうしてこうやって撮ってるんだろう」「この部分はどうやって作ってるんだろう」と考えながら見るようになりました。

また、いいなと思った作品があれば、どういうところを良いと感じたのかもちゃんと考えたり、なんとなくがなくなりました。

それですぐに大きく何かが変わるわけではないかもしれませんが、こういった小さい意識の積み重ねで感性が磨かれると思うので、これからも映像作品を楽しみつつ、作り手としての見方もしっかり深めていきたいなと思います。

毎日CGのことで頭がいっぱい

最後三つ目は、一日中CGについて考えるようになったことです。

この間は夢の中でUV展開をしていたくらい、朝から夜まで何かしらCGについて考えるようになっています。

まだまだツールの使い方がおぼつかなかったり、やりたいことがうまくできなくて困ったりとつまずくことばかりですが、それでも勉強を始めた当初よりは知識がついてきて、「何が何だかわからない」という状態は抜け出せました。

CG制作のツール、例えばBlenderの時もMayaの時もそうでしたが、最初って本当にわけがわからないんですよね…本やYouTubeを傍らに置いて何度も見比べながら進めたり。

それでも毎日なんとかじっくり取り組んで、わからないことがあれば調べて…と繰り返すうち、ちょっとずつ慣れていくのが面白いです。

ツールの勉強以外にも、どんな作品を作ろうかと考え、参考にPinterestを見るのが癖になりました。

お風呂から上がってドライヤーで髪を乾かしながらPinterestを見たり、暇さえあれば見ています。

わたしの頭にはまだ引き出しが全然ないので、引き出しを増やすために、そして好きなものをたくさん見つけて自分の作りたいテイストのものをはっきりさせるためにも、すごく良い方法だと思っています。

また、TwitterやInstagramでいろいろな人の作品を見たり、YouTubeでチュートリアルを見たりするなど、隙間時間にも必ずCGに関する行動をするようにしています。

やらなきゃと思っているわけではなく、勉強にのめりこむにつれて自然とこのような習慣が出来てきました。

上達する人は、まとまった時間を取るよりも、毎日の小さな時間を活用しているという話をよく聞きます。

以下の記事がとても参考になり励まされる内容でもあるので、ぜひ読んでみてください。

習慣の一つ目に紹介されているのが、今回と似たお話です。

わたしの場合、学校に行っていろんな人と話したり、作品を見たりすることで刺激を受け、この意識が高まってきました。

「みんな頑張ってるしわたしも頑張ろう」「わたしも素敵な作品を作りたい」という気持ちがより強くなっています。

あとは、「せっかく高いお金を出して学校に入ったんだから、この一年間を絶対に無駄にしない!もとを取る!」みたいな気持ちも結構強いです。笑

プロとして仕事をしている先生に直接質問できる機会なんてなかなかないし、毎回の授業や先生からがっつり吸収しないともったいないという思いも、毎日の習慣づけや意識の高まりに深く関係していると思います。

まとめ

こんな感じで、CGによってわたしの生活や意識は本当に大きく変化しました。

今は楽しい気持ちと、もっと早くうまくなりたいと焦る気持ちが入り混じっていて、充実しています。

CGを始めて本当によかったなと思います。モデリングをしている時は時間があっという間に過ぎていくし、夢中になるものに出会えて毎日楽しくなりました。

これからも楽しく続けていきたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました^^

他の記事もぜひご覧ください。

いつも参考にさせていただいているCG系YouTuberさんをまとめました↓

独学か専門学校に通うのか迷ったときの話です↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA